レビュー

最澄&空海は仏教界のルフィ!? 新感覚仏教漫画「阿・吽」

最澄と空海。このふたりの名を聞いたことがない人はおそらくいないだろう。 『阿・吽』は、日本仏教の開祖と呼ばれているそんなふたりの物語である。 作者のおかざき真理先生は、広告代理店に勤める女性をテーマにした『サプリ』や、医療事務とネイルサロン経営のダブルワーク女子を描いた『&ーアンドー』など、現実世界を舞台にした女性向け漫画を得意としてきた漫画家だ。

レビュー

文学と仕事と恋と友情。唯一無二の“王道”文芸エンタメ漫画『花もて語れ』

読んでから5年10年経っても心に残り続ける漫画には、人それぞれ、“条件”がいくつかあると思っている。 私の場合は、「知らなかった世界を教えてくれる」「漫画という媒体の特性が活かされている」「不器用な人間の生き様を描いている」の3点のうち2点以上が満たされていると、自分の中で「殿堂入り」する率が高い。 そして、『花もて語れ』(片山ユキヲ)はまさに、この3つの条件をすべて満たした個人的「殿堂入り」の作品だ。

レビュー

その才能に誰もが嫉妬し、賞賛する『響〜小説家になる方法〜』

キレ者の頭脳キャラや、他を寄せ付けない天才キャラが出てくる漫画が好きだ。 例えば『NARUTO』でいうところのシカマルのような、『アイシールド21』でいう蛭魔妖一のような。ジャンプ漫画に偏ってしまったが、他にも『3月のライオン』の宗谷冬司もそこに当てはまるだろう。