少年画報社

レビュー

大人が全力で遊んで何が悪い。女1人、男2人のルームシェアコメディ『カテゴリ・テリトリ』

山東ユカ先生は、アニメ化もされた『スパロウズホテル』など、ブラックジョークを交えたギャグ4コマの名手として知られている。一筋縄ではいかないキャラクターたちが織りなす会話劇は、一度読んだら癖になること間違いなし。   なかでも本作『カテゴリ・テリトリ』は、山東ユカ先生のセンスがいかんなく発揮された傑作。

レビュー

もしもゲームオタクがゲームの世界にまぎれこんだら…『百万畳ラビリンス』

ゲームの世界に入りたい。   無敵状態で走り回ったり、モンスターと旅したりしたい。   僕らはそんな夢のある世界の一端に触れたくて、現実世界になんら影響を及ぼさないのに、つい熱心にゲームに勤しんでしまうのではないでしょうか。   現実もそんなにつまらないわけじゃありませんが、非現実世界のめくるめくワクワク世界の刺激は、やはり格別なのです…!

その他

今週のまんが名言vol.12 HELLSING (ヘルシング)/平野耕太 より

吸血鬼と吸血鬼ハンターの戦いを描く『HELLSING (ヘルシング)』 20世紀末のイギリスを舞台に、吸血鬼と吸血鬼ハンターとの戦いを描いたバトル漫画。 吸血鬼をテーマに、歴史を感じさせる世界観や奥深い設定も秀逸だ。 傭兵部隊隊長ピップ・ベルナドットの死の間際のひとこと。