まとめ

ありそうでなかった!古代中国が舞台の宦官ファンタジーBL『日野晶』作品3選

実写映画化された人気漫画・キングダムの影響で注目を集める古代中国。その中にも登場した宦官なる存在をご存知でしょうか。宦官とは、去勢して後宮に仕えた男性のこと。手術シーンを想像しただけでも悶絶ですが、『日野晶』先生の宦官BLシリーズでは、窮地に陥っても決してへこたれない宦官の強かな姿が描かれており、作品全体に漂うユーモアと相まって恐怖心はほぼゼロ。歴史に翻弄されながらも幸せを望んでもがく彼らの健気さ、可愛らしさの虜になること請け合いです! 愛が重すぎるキレ者皇子×褐色隻眼の元兵士『帝國の宦官』 ©日野晶/libre 皆様は宦官と聞けばどんなキャラクターをイメージしますか? どことなく中性的で底知れないミステリアスな雰囲気に包まれている影の支配者…自分は勝手にそんな想像をしていたのですが、宦官BLの開拓者ともいうべき日野晶先生の描く彼らはまるっきり違っていて驚きました。 例えば『帝國の宦官』に登場する宦官・雀(じゃん)なんて元はバリバリの兵士です。運悪く捕虜にされ、そこで出会った皇子・右弦(うげん)の命令により問答無用で去勢。 敵国兵士→捕虜→宦官というとんでもない悲運に見舞われますが、彼は恐るべき順応性の高さで見事宦官ライフに溶け込み始めてしまうのです。他の宦官たちと仲良くお茶をしたり、朝の鍛錬に勤しんだり…。ただ、どうしても慣れないことがひとつだけ。 それは右弦に組み敷かれ、めちゃくちゃに愛される夜伽の時間…♡ 今まで味わったことのない未体験の感覚に戸惑う雀に対して、「可愛そうにねえ。もう雀にはないんだもんね?」と言葉責めを浴びせる右弦。なぜ彼はこれほどまでに雀に固執し、狂気ともいえる愛情を注ぐのか。その理由は予想外に淡い物語ですので乞うご期待。詳細は話せませんが、とにかく雀一筋の溺愛レベルが甘すぎてむせそうになります。しかも、さぞかしもてはやされるであろう容姿端麗で聡明な皇子の口から「女…?比べるべくもない…」なんて言葉まで聞けるのですから、BLファンとしては嬉しいかぎり! 純愛という名の戦において狡猾な軍師や宰相の出番などまったく必要なし。エキゾチックな雰囲気漂う褐色隻眼の元兵士が宦官に変貌する意外性に萌え、彼にだけ重厚な愛を注ぐ皇子の狂気に悶え、受け攻めいずれも一択の清らかなる永遠性を祝わずにはいられません。 堅物なオジサマ皇帝×放っておけないダメかわ宦官『皇帝と宦官』 ©日野晶/libre 女官よりも体力があり后妃を妊娠させる心配がないことから、古代中国の後宮で重宝された宦官。平民でも働ける上、運が良ければ出世できる可能性に惹かれて、やがて自ら志願する者まで出てきたそうです。 本作の主人公・海燕(かいえん)もまたその一人。「アレを切ったら宮廷で働ける。住み込みとお給料を前にして俺のがなんぼのものか」などと割り切り、歌と踊りを披露する学芸官として仕えています。ところがいざ働いてみると、何をやらせてもパッとしないダメかわ男子であることが判明… でもまぁ、運命の人・泰藍(たいらん)と出会えたのも彼のそんな才能(?)によるところが大きいのでいいんですけどね♡ 皇帝でありながら身分を隠して市井を見て回る泰藍は、飾らず裏表のない海燕の性格に惹きつけられ… めでたくゴールイン♡ 出来損ないといわれてきた海燕は一夜にして大出世。正式に皇帝陛下の情人となります。学芸官の業務はすべて免除され、自分専用の部屋が与えられる夢のような日々。ですがここは愛憎と権力が渦巻く後宮です。花形学芸官であり、海燕の教育係でもある麗琳(れいりん)をはじめとする様々な欲望が見え隠れし、海燕は知らず知らずのうちにその渦中へと投げ込まれてしまい… 男とも女ともいえない宦官の不思議な魅力に加え、彼らに振り回される王族たちの狂愛が迸る本作。めちゃくちゃに愛される一方で「寵愛なんてなくなるものじゃん。そんなの…」と呟く海燕や、「宦官になった時点で我々などとうにみじめじゃないか!」と堪らず叫んだ麗琳のセリフから、どうすることもできないカーストラブの悲哀も垣間見えて複雑な感情を抱きます。 正義感あふれる皇帝の弟×国を退廃させる狡猾宦官『傾国の宦官』 ©日野晶/libre ラストはこれぞ自分のイメージしていた宦官そのもの!と叫ばずにはいられない悪徳宦官が主役の話。『帝國の宦官』、『皇帝と宦官』からさらに時は流れ、都は治安が悪化し、民衆は貧困で苦しんでいました。その原因となっているのが、絶世の美貌で皇帝を誑かしている宦官・虞淵(ぐえん)です。 紅をさし、女性の姿をした虞淵は後宮ばかりか王朝までをも掌握して好き勝手に贅沢三昧。陽明と名乗り、湯屋で出会ったワイルドイケメンを逆ナンしたのもほんの気晴らしに過ぎませんでした。実はその男こそ臣下たちの支持を集める皇帝の弟・泰山(たいざん)であることを知らずに… 最初は遊びのつもりだったのにいつしか本気で想い合う虞淵と泰山。その矢先、お互いの正体が明かされたシーン以降は怒涛の展開にドキドキハラハラ! 3作品の中でも一番シリアスモードが多い分、最後まで読む手が止まらなくなってしまいます。 果たして絶世の佳人・虞淵は本当に毒夫なのか? 敵対せざるを得ない二人の仲はどうなるのか? その答えは読むしかない。時代と権力に翻弄された一人の宦官の軌跡をじっくり見守って共に泣こうじゃありませんか! まとめ エキゾチックな褐色隻眼宦官、ドジっ子のダメかわ宦官、危険すぎる美貌の宦官…皆様の推しは見つかりましたか? それぞれ好みが分かれるところですが、いずれも共通しているのは、どんなことがあっても生き延びようとするたくましさ。そして愛する人に見せる夜のエロ可愛さのギャップは宦官BLの醍醐味であります。(大切なアレがないのに快感に震える痴態もね!) 日野晶先生の宦官BLシリーズでは『帝國の宦官』の右弦の弟が『皇帝と宦官』の泰藍など、登場人物がリンクしているのも面白いところです。また、話の途中途中に用意された宦官コラム記事にも注目。テストには出ませんが驚きと発見の連続ですので、ぜひ熟読されることをオススメします。 『帝國の宦官【電子限定かきおろし付】/日野晶 libre』 『皇帝と宦官【電子限定かきおろし付】/日野晶 libre』 『傾国の宦官【電子限定かきおろし付】/日野晶 libre』

レビュー

史上最も「野球知らなくても面白い」球児漫画。『高校球児 ザワさん』

『高校球児 ザワさん』は、2008年から2013年にかけて「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された作品。 野球の強豪校・私立日践学院高校の野球部に、マネージャーではなく選手として所属する唯一の女子部員・「ザワさん」こと都澤理紗(みやこざわ・りさ)と、彼女の周辺の人物を中心に、高校球児たちの3年間を描いた漫画だ。

レビュー

龍と共に生きる人々の生活を覗き見る。お腹が空くファンタジー漫画『空挺ドラゴンズ』

「ドラゴンクエスト1」をプレイしたことのある人なら、きっとドラゴンに対して思い入れがあるだろう。私はある。緑のあいつ。とにかくレベルを上げて戦った。達成感がすごかった。 それから何年か経ち、今度は「ドラゴンクエストモンスターズ」が発売された。今までのドラクエシリーズでは敵だったモンスターたちを今度は育てる、という内容。緑のあいつも仲間になるのだ。昨日の敵は今日の友。シリーズファンならカタルシスを感じたはず。 さあ、今回ご紹介する『空挺ドラゴンズ』はドラゴンを食べる漫画だ。 ある作品では神聖な存在とされ、ある作品ではおとぎ話の一節に登場するドラゴンを、食べる。 つまりは「野生動物としての龍」がたくさん登場する物語である。

レビュー

親子三代に渡ってリンクする不思議なお話『水域』は背中がぞわぞわする

皆さんは子どもの頃に読んだ絵本で「これはめちゃくちゃ怖かった」という作品はあるだろうか。 私は「すてきな三にんぐみ」という絵本が怖かった。とにもかくにも何よりも、絵が怖かった。 さて今回私が紹介する『水域』という漫画。 さきほど例に挙げた絵本だが、大人になってから読むと、さすがに怖さは感じない。 しかし『水域』。これを読んだあと、私は背中がぞわぞわした。 それは子どもの頃に、あの絵本たちを読んだ時の感覚と同じだった。 なぜそう感じたのか?あらすじを紹介するとともに、これから書いていこうと思う。

レビュー

『じゃりン子チエ』ゴンタクレな父親と、しっかり者の娘の、円環する昭和神話

『じゃりン子チエ』という漫画をご存知だろうか? ……なんて書くと、関西地方の、ある年齢以上の方には、 「誰に聞いとんじゃ、ワレ!」 と怒られてしまうかもしれませんね。 というのも、昭和の終わりごろ、関西地方では『じゃりン子チエ』のアニメがリピート再放送されており、最終話を迎えても、また第1話から再放送されるというヘビーローテーション。 ……その《無限ループ》にさすがの関西人も、 「ええかげん飽きたわ!」 「もう何回も見て、セリフも覚えたわ」 と思った頃に、嘘のように第2シーズン……新作シリーズ『チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ』が10年ぶりに新規制作されてしまい、新たなループが始まるという脅威……もとい「驚異」の作品。

まとめ

盛り上がってます。鑑賞作品選びの参考にもなる“映画漫画”3選

今回紹介するのは、実在の映画作品を扱った“映画漫画”作品。 このジャンルは、ガイド系漫画の中でも近年特に充実してきていると思う。 表現として漫画に近い部分もある(かつて、戦後日本漫画の黎明期を支えた大御所漫画家の多くは、そろって映画から強い影響を受けている)映画は、コンテンツのジャンルの中で漫画家が扱いやすい題材であること、また近年、電子配信を通じて既存の映像作品に触れることが気軽にできるようになったことが背景にあるのだろうと考えるが、漫画として楽しみながら、さまざまな映画についてちょっとだけ知ることができる作品が増えているのだ。 そんな中から、それぞれバラバラの個性を持った3作品をピックアップしたい。

レビュー

いじめと難聴。重いのに面白い。『聲の形』を読んで考える「エンターテイメント」の話

「漫画」は「エンターテイメント」だと思う。そして「エンターテイメント」は「面白さ」だと、私は思う。 そしてその「面白さ」という言葉は、「笑い」だけを指しているわけではない。 感動ストーリーでは「泣ける」、ホラー漫画では「怖い」、ヒーローものであれば「熱い」。 その物語のテーマに沿った感情を抱けるかどうかこそ「面白さ」だと考えている。 さて、今回ご紹介する『聲の形』という漫画。読んだことがある人なら分かるだろう。 簡単に言ってしまうと、非常に重い話である。 ただ、重い設定ではあるものの、私はこの漫画の「面白さ」にハマり、全部を読んだ。 そして泣いた。

その他

2019年5月:まんが王国ラボ編集部おすすめ新刊コミック20選

いよいよ来月からから新元号「令和」の始まりですね。 なぜかちょっとだけ、わくわくドキドキしてしまうのは私だけではしょうか? 新しい時代はどんな時代になるか、楽しみですね。 それでは、まんが王国ラボ編集部がおすすめする2019年5月配信予定の注目新刊コミックを一挙にご紹介します! 「令和」を代表する作品がこの中にあるかもしれません!!

レビュー

懐かしいから新しい。『星のとりで~箱館新戦記~』は“王道少女新選組漫画”だ!

女オタクの“必修科目”のひとつ、「新選組」というコンテンツ 女オタクの多くは、そのオタク人生のどこかで一度は「新選組病」を患うのではないかと思う。 歴史の変わり目にあった激動の時代という背景が、それだけで興味深いのはもちろん、その中で最後まで徳川幕府方として戦い抜いた立場や、局長・近藤勇、“鬼の副長”土方歳三、一番隊組長・沖田総司…といった人物たちは調べるほどにその魅力が浮き彫りになり、彼ら一人ひとりや、その関係性を活写した小説や漫画、映像作品が多数残されてきていることで、なんとなくとっつきづらい印象のある「歴史」というジャンルに足を踏み入れるきっかけとして最適なコンテンツだからだろう。 『星のとりで~箱館新戦記~』(碧也ぴんく)は、女性向け漫画雑誌「WINGS」(新書館)で連載中の作品。

レビュー

宇宙ゴミの回収業者。そう遠くない未来のヒューマンドラマ『プラネテス』

「宇宙デブリ」という言葉をご存知だろうか。 例えば打ち上げから年月が経ち、使われなくなってしまった人工衛星の部品。多段ロケットでの切り離しの際にどうしても出来てしまう破片。 当然、宇宙は無重力なので、そういったものは基本的に地球へ落ちてくることなく、いつまでも宇宙空間を漂うことになる。 それが「宇宙デブリ」。つまりゴミのことだ。